今日も気ままに

散歩、天気、カフェ、アート、好きなものを気ままに綴っていこうと思います。

旧瀬戸邸

稚内で暮らし始めて丸二年が経ちました。

これまで機会がなく見学できていなかった、旧瀬戸邸へ行ってきました。

昭和20年~40年代。稚内のまちは、底曳網漁の前線基地として、国内各地から人が集まり、活気に満ちあふれていました。

 そのさなかの昭和27年、「旧瀬戸邸」は、瀬戸常蔵という底曳きの親方の住宅として建てられました。
 建物の外観は、明治期から大正期に見られる旅館建築を彷彿とさせます。屋根は、切妻形式で赤いトタン葺きと頂部の棟飾りが特徴的で、外壁は分厚いモルタル掻き落とし仕上げが施されています。
 戦後まもない昭和の建築物を保存するとともに、稚内の漁業の歴史を伝えていきます。 

【引用】旧瀬戸邸/稚内市

北海道の日本海側には、鰊御殿がいくつかありますが、この稚内も鰊をはじめ、蟹などの底曳網漁で賑わっていたみたいです。

今はすごくさみしい雰囲気なので、なかなか信じられなかったんですが、旧瀬戸邸を訪れて当時の賑わいを垣間見る事ができたので、忘れないうちに感想をしたためておきたいと思います。

ゴールデンウィークも仕事だったので、替わりに貰った平日休みの本日5月8日。

運動不足解消も兼ねて自転車を漕ぎ漕ぎ。

気温はプラスになったといっても風の街稚内はまだ寒く、最高気温6.7度の最大瞬間風速11.1メートル。顔や耳が冷たいです。

旧瀬戸邸に着いたのは午後2時頃でした。

玄関を開けると誰もいなく、事務室をノックしても応答なし。

開けちゃえ、と事務室の扉を開けるとおじさんが出てきたので、入館料の200円を渡します。

見学者は自分だけだったので、案内人の方が親切に説明して回ってくれました。

「20分コースと40分コース、どちらがいいですか。」

美術館とかものんびり自分のペースで回るのが好きな私。

話が長くなるといやだなと思い、

「手短にお願いします。」と伝えました。

おじさんは説明に夢中で時間過ぎてたら教えてね、といって案内を開始してくれました。

ここに来るまで申し訳ないけど、あまり期待していませんでした。

でも、中を見て、話を聞いていくうちに夢中になりました。

和室、茶室、庭園。

広くはないけど、細かい作りや装飾が丁寧に施されていてとても見応えがありました。

稚内はもうすぐ桜が咲く季節。

庭園は日当たりが良く、他の場所よりも蕾が膨らんでいるようにみえました。

北の桜守」という映画の撮影が稚内でも行われていたのですが、この旧瀬戸邸でも吉永小百合さんと堺雅人さんが旅先で宿泊し、支え合った過去を回想するシーンが撮影されたそう。その部屋もとても素敵な空間でした。

そして、当時の漁で網いっぱいに蟹の入った写真や、漁の様子も展示されていました。

特に稚内の港に船が集まっている写真には感動で、本当に昔は活気に溢れていたんだ!と稚内に住みはじめて三年目、ようやくそのことを信じることができたのでした。

話を聞くのに夢中で、中で写真を撮っていいのか聞くのを忘れましたが、また機会があれば足を運んでみたいなと思います。

f:id:signal51:20180508215443j:imagef:id:signal51:20180508215504j:image

稚内の春

早いもので稚内へ移ってから3回目の春がやってきました。

東京みたいに桜が咲いて、ポカポカ陽気、とはいかないのですが、吹雪もおさまって雪解けが進み、ふきのとうがひょっこり顔を出す、これが北海道の春なのかなと思うようになりました。

今日はたまたま休日で天気もよかったので利尻富士の写真を撮りに行ってきました。

向かった先は夕日ヶ丘パーキングという場所。

利尻富士と海が綺麗に見えるスポットです。

f:id:signal51:20180330230810j:image

長い冬を乗り越えた真っ白な利尻富士はこの時期だけの美しさです。夏には雪はすっかり溶けて青い三角錐の姿になります。

写真をたくさん撮ったあとは、みどり湯で体を温めました。

番台のおばちゃんに裸が丸見えでしたが、漫画と瓶牛乳があって、狭いけど地元のじいちゃん、ばあちゃんで賑わっている銭湯です。

2年間住んでて初めて行きました。

これまでなぜ訪れなかったかというと、

 珍スポトラベラーの金原みわさんのツイッターを引用させてもらいますが、ハイシーズンはノリがすごいみたいなんですね。

得意な雰囲気ではないので足が遠のいていたんです。

だけど、せっかく稚内に住んでいて一度も行かないのももったいない気がしたので、時期を見計らって体を温めにきたのでした。

訪れたこの日はレディースデーとのことでした。

blog.livedoor.jp

お湯は稚内周辺にある、港の湯や稚内温泉童夢と比べてとっても熱いお湯でした。冷えた体を温めるのにはとてもよかったです。

3月もいよいよおしまい。

4月になれば、新年度でバタバタすると思うので、あと数日、のんびり過ごして英気を養おうと思います。

2017年がおわるまえに

クリスマスも過ぎて年末感が出てきました。

稚内の25日は、稚内市宗谷岬で最大瞬間風速36.3メートル、稚内空港で32.4メートルを記録。暴風雪警報も出て必死に帰宅した1日でした。

さて、2017年面白かったな、楽しかったなと思ったものについて備忘録用に書き出しておこうと思います。

【はまったもの】

Netflix

TVを置いていない我が家にネットフリックスは欠かせません。特に冬は寒くて外に出る気にならないためヘビーユーザーです。ここで挙げている作品は偏りがありますがメジャーどころも観ていますよ。

■氷点下で生きるということ

アラスカの大自然の中で生活する人々に密着。稚内に住んでいなかったら観ていなかったと思います。犬ぞりスノーモービルで銀世界を駆け回り懸命に生きる人々はほんとにすごい。

www.netflix.com

■ジャックホワイトホール 東南アジア父子二人旅

イギリスのコメディアン・ジャックと東南アジアにスーツで乗り込む堅物の父との二人旅の記録。凸凹コンビっぷりが面白く海外旅行好きにもオススメです。

ジャックのお笑いトークライブも配信されているのでこちらを見れば彼の面白さを知ることができるかも。アナ雪の吹き替えの話が個人的にツボです。

www.netflix.com

www.netflix.com

■世界を旅する無知と無恥

旅嫌いなコメディアン・リッキーの旅番組。シーズン2−7の日本を訪れる回を見ればわかりますが、時間とお金をかけてロケをしていてリサーチを担当されたスタッフもすごいなと思っています。

www.netflix.com

せっかくNetflixの好きなものを書き出しているので、お題「2017年イチ推し作品は?」の応募リンクも貼っておきます。

 

Youtube

■トクサンTV

昨年夏職場の野球部に入ったのを機会に練習動画を探していてヒット。見つけた当時は登録者数数百人程度でしたが2017年12月現在で18万人と勢いに乗っています。とにかく打って守って走れるトクサンの説明が分かりやすい。野球がうまくなりたいライパチさんがトクサンやチームのエースアニキに教えを請うスタイルで三人の掛け合いも観ていて飽きないです。野球に詳しくない人でも楽しめるんじゃないかと思います。

www.youtube.com

(マンガ)

左ききのエレン

cakesクリエイターコンテスト結果発表!|note公式|noteでタイトルに惹かれて(自分も左利きなので)あっという間にこの作品が好きになったのを覚えています。すぐに連載が決まって毎週木曜日cakesへ最新話が掲載されるのが楽しみで仕方がありませんでした。「天才になれなかったすべての人へーー。」のキャッチコピーはぐさっときます。6巻「バンクシーのゲーム」あたりからストーリーのテンポが上がってきて一気に畳み掛けてきます。最終回の日はラオスにいたのですが弱いwifi回線をひろって必死に読んでいました。原作版は連載終了しましたがジャンプ+でリメイク版が始まっています。

左ききのエレン(1): 横浜のバスキア

左ききのエレン(1): 横浜のバスキア

 
左ききのエレン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

左ききのエレン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

nora-ito.hatenablog.com

 ■かぐや様は告らせたい

左ききのエレンの作者かっぴーさんが面白いとツイートしていたのが作品に目を通したきっかけです。絵を見るとただのラブコメみたいで興味を惹かれなかったのですが、読み進めてみるとまぁ面白いです。キャラがみんな生き生きしてていくらでも笑いを提供してくれます。はまりました。

 

【海外旅行】

日本と違う文化に触れるのが好きでついつい一人でふらっと行ってしまいます。今年は2回日本から離れることができました。

■サハリン

このブログでも行きたい、と宣言して色々調べていたのですが肝心の行った記録を投稿していませんでした‥。6月に稚内からフェリーに乗り込んだものの乗客は日本人3人のみ。海上は波で揺れるし海霧で視界は最悪だし現地も土砂降りでしたが、サハリンの人はみんな優しかったです。東南アジアでは「チャイニーズ?」と聞かれるのが通例ですが、サハリンでは「日本人ですか。」と日本語で話しかけてくれる人もいました。サハリンで飲食店を経営する日本の方とお話しする機会があったのですが、ここではロシア本土と比べて日本人の印象はよいとのことでした。できれば天気のよいときにまた訪れたいです。

f:id:signal51:20171227012643j:plain

ラオス

行った人はみんな癒されたと行って帰ってくるので気になっていたこの国。古都ルアンパバーンに4−5日ほど滞在したのですが、街並みは綺麗だし人柄は気さくだしご飯も美味しいしで最高でした。エレファントライドも楽しかったですが個人的に一番だったのがメコン川クルーズ。現地で予約したのですが日本のガイドブックに載っているような団体用ではなく個人用の船を紹介してくれたのが良かった。朝日と川の心地よい風、ボートをゆったり漕ぐおじさんとお茶やお菓子を出してくれるおばちゃん。小島や洞窟での観光館内も含めて往復4−5時間の船旅だったでしょうか。仕事が忙しい時期だったのでとても癒されました。また行きたい国の一つです。

f:id:signal51:20171227014228j:plain

 パッと思いついたものを書き出してみましたが、旅と漫画と映像、ですね。

来年は何に興味を持って過ごしているのかな。

また1年後に振り返りたいと思います。

UBER使ってみた@バンコク2017

ラオスへのトランジットでスワンナプーム空港近くの宿を利用する機会があったので、UBERを使ってみました。

f:id:signal51:20170917155837j:image

アプリを起動すると自分の現在位置と配車可能なドライバーの位置、行き先を入力する画面が出てきます。

f:id:signal51:20170917160608p:image

行き先を入力した後は配車の種類と支払い方法を選択。ちなみにflush beta版というのは私の支払い方法では選択できませんでした。(2017.09現在)

f:id:signal51:20170917161352j:image

あとはドライバーの現在位置、名前、評価、車種などが表示されるので、これらの情報を参考に出会うことができればOKです。

UBERはじめて使ってみたので、どうやってドライバーを見つけるか不安だったのですが、よくできているなと感心しました。

ちなみに、これだけ情報があってもうまく出会えないこともあります。実際私も1度目の配車のマッチングに失敗しています。同じようにUBER難民になっていたヨーロッパカップルが近くにいて、あーだこーだ言い合いながら、なんとかお互いドライバーとマッチングすることができました。

f:id:signal51:20170917162237j:image

ちなみに、マッチングに失敗するとあとで違約金が請求されましたので、ご利用をお考えの皆様はお気をつけください。

スワンナプーム空港はFREE WIFIがいくつもとんでいましたので、私は配車までこれで乗り切りました。今回利用した待ち合わせ場所2FのDOOR7はWIFIをキャッチできていました。

私は1日だけの滞在だしクレジットで支払いを済ませたい、メーターなしタクシーに捕まりたくない、との理由で利用しましたが、ふつうにタクシーに乗るより割高です。

(ホテルから空港に向かう際は、ホテルのスタッフが配車してくれましたが150バーツでした。)

同じようにバンコクUBER使ってみようかなと考えてるかたの参考になれば幸いです。

 https://www.uber.com/ja-JP/

サハリンへ行きたい3

備忘録その3。調べた情報を箇条書きにメモ。

  • サハリンのカフェ・喫茶店

Elcafeが気になる。行ってみたい。

www.tripadvisor.jp

  • サハリンの観光一覧

ロシア旅行社さんのpdf見やすい気がする。

www.russia.co.jp

http://www.russia.co.jp/_city/uus.pdf

  • サハリンの天気

World Weather Information Service

https://oscar.wmo.int/surface/index.html#/search/station/stationReportDetails/5134

jp.rbth.com

  • 海外データSIM

マレーシアやスリランカなどは入国してすぐ現地でsimカードを購入することができたので、dayanさんという方のブログを参考に契約しようと考えていましたが、

roshiago.blog.so-net.ne.jp

今回観光日程は丸一日しか確保できていないので、日本で事前に契約しできるだけ観光に時間を回したほうがよさそう。

普段iijさんのSIMを使っているので、こちらの海外SIMサービスを使おうとしたがロシアは2017年6月現在利用可能エリアには入っておらず。

f:id:signal51:20170611194626p:plain

www.iijmio.jp

地球の歩き方にはグローバルwifiが広告を出していたので、こちらも候補に入れていましたが、、おしい、サハリンはサービス対象外エリア。

f:id:signal51:20170611195050p:plain

https://townwifi.com/

結局今の段階では数少ないサハリンもカバーしているmobellさんと契約しようと考えています。

f:id:signal51:20170611195618p:plain

www.mobell.co.jp

サハリンへ行きたい2

サハリンの生活をより具体的に想像できるブログを見つけました。

65rus.seesaa.net

稚内市サハリン事務所さんが綴っているこのブログ。

サハリンの「今」を垣間見ることができます。

文体からも人柄の良さが伝わってきたのでこのブログのファンになってしまいました。

jp.rbth.com

ロシアNOWというこちらの記事もロシア文化を知ることができて面白いです。

コーヒーが好きなので、サハリンにもカフェがあったら入りたいと思っています。

王様のエリンギ

スーパーで大きなエリンギに出会った。

自分の中の標準サイズは、HOKUTOのエリンギなのだが、それと比べると倍以上ある。

f:id:signal51:20170606233741j:plain

気になって購入し、シンプルにホイルに包んで焼いてみたけど普通に美味しいエリンギだった。

産地は旭川のすこし北にある愛別という場所だそうだ。

キノコに力をいれているみたいなので、スーパーでキノコを買うときはこれから気にしてみたいと思う。

http://www.ja-kamikawa.or.jp/product/pro_01.html