今日も気ままに

散歩、天気、カフェ、アート、好きなものを気ままに綴っていこうと思います。

サハリンへ行きたい3

備忘録その3。調べた情報を箇条書きにメモ。

  • サハリンのカフェ・喫茶店

Elcafeが気になる。行ってみたい。

www.tripadvisor.jp

  • サハリンの観光一覧

ロシア旅行社さんのpdf見やすい気がする。

www.russia.co.jp

http://www.russia.co.jp/_city/uus.pdf

  • サハリンの天気

World Weather Information Service

https://oscar.wmo.int/surface/index.html#/search/station/stationReportDetails/5134

jp.rbth.com

  • 海外データSIM

マレーシアやスリランカなどは入国してすぐ現地でsimカードを購入することができたので、dayanさんという方のブログを参考に契約しようと考えていましたが、

roshiago.blog.so-net.ne.jp

今回観光日程は丸一日しか確保できていないので、日本で事前に契約しできるだけ観光に時間を回したほうがよさそう。

普段iijさんのSIMを使っているので、こちらの海外SIMサービスを使おうとしたがロシアは2017年6月現在利用可能エリアには入っておらず。

f:id:signal51:20170611194626p:plain

www.iijmio.jp

地球の歩き方にはグローバルwifiが広告を出していたので、こちらも候補に入れていましたが、、おしい、サハリンはサービス対象外エリア。

f:id:signal51:20170611195050p:plain

https://townwifi.com/

結局今の段階では数少ないサハリンもカバーしているmobellさんと契約しようと考えています。

f:id:signal51:20170611195618p:plain

www.mobell.co.jp

サハリンへ行きたい2

サハリンの生活をより具体的に想像できるブログを見つけました。

65rus.seesaa.net

稚内市サハリン事務所さんが綴っているこのブログ。

サハリンの「今」を垣間見ることができます。

文体からも人柄の良さが伝わってきたのでこのブログのファンになってしまいました。

jp.rbth.com

ロシアNOWというこちらの記事もロシア文化を知ることができて面白いです。

コーヒーが好きなので、サハリンにもカフェがあったら入りたいと思っています。

王様のエリンギ

スーパーで大きなエリンギに出会った。

自分の中の標準サイズは、HOKUTOのエリンギなのだが、それと比べると倍以上ある。

f:id:signal51:20170606233741j:plain

気になって購入し、シンプルにホイルに包んで焼いてみたけど普通に美味しいエリンギだった。

産地は旭川のすこし北にある愛別という場所だそうだ。

キノコに力をいれているみたいなので、スーパーでキノコを買うときはこれから気にしてみたいと思う。

http://www.ja-kamikawa.or.jp/product/pro_01.html

サハリンへ行きたい

稚内に来てあっという間に1年。

利尻、礼文島にも行ったし、道北の主要な観光地は一通り巡ったように思う。

しかし、まだ近いようで遠い、あの場所に足を伸ばしていない。

f:id:signal51:20170528000348j:plain

そう、サハリンである。(写真は稚内市にある北都観光さんの看板)

稚内にいるうちでないとおそらく訪れる機会はないと思う。

今年は2017年6月2日(金)~2017年9月19日(火)の期間で稚内コルサコフ間のフェリーが運行するようなので、

※6月2日、3日の便は欠航となったそう…。

f:id:signal51:20170604214129p:plain

www.hs-line.com

現時点で調べたことを備忘録としてここに記しておこうと思う。

1.ビザ

●ロシアの観光ビザは取得に手間がかかる

・宿泊先、観光ルートや手段も決めておかなければならず、現地で気ままに行き先変更といったぶらり旅には向かない。

観光ビザ

  • 旅行者(特に個人旅行者)は、上記の書類のほかに旅行会社が発行する旅行確認書(ファックスコピー可)が必要となります。
    確認書は、ロシア連邦観光省による登録(旅行リファレンス番号)のある受入れ先の情報が記載される書類で(見本-「外国人旅行者受け入れ確認書」)、受入れ先の責任者の署名および社印がなければなりません。
  • さらに、旅行会社が発行するバウチャーのコピーを提出していただきます。
    バウチャーには下記の情報がなければなりません:
    • 旅行者のデータ(氏名、生年月日、パスポート番号);
    • ロシア入国日および出国日;
    • 観光ルート、移動手段、宿泊場所、観光プログラム;
    • 旅行会社の署名と印;
    • 支払済み証明;
    • ロシアの受入れ旅行会社名とその旅行レファレンス番号。
  • シングル、ダブルにかかわらず、複数の会社に観光サービスを依頼している場合、それぞれの会社からの書類が必要となります。

www.russia-emb.jp

●郵送申請は、、

稚内から一番近い大使館は札幌だが、さすがに申請・受取のために平日に足を運ぶのは現実的でない

稚内市のHPには郵送申請も記載されているが、(2017年6月現在)

f:id:signal51:20170528005011p:plain

www.city.wakkanai.hokkaido.jp

大使館のHPには郵送不可の文言が記載されているため、おそらくルールが変わったものと思われる。

f:id:signal51:20170528005453p:plain

www.russia-emb.jp

 

●条件を満たせばビザ免除も?

・72時間以内の滞在、指定された旅行代店のツアーに参加

www.hoktokanko.co.jp

ただし、個人手配に比べて値段がかなり跳ね上がる。

●代理申請

・なるべく値段を抑えたいのでツアーでなく個人手配にしたいがビザが必要になる

・個人でビザ発給手続きができればコストを抑えられるが都市部在住でないと厳しい

以下のHPから代理申請をお願いすることに。

visa.d2.r-cms.jp

2.SIMカード

アジア旅行が好きで海外には何度か足を運んでいるが、スマホでマップを見ることができるようになったのは、非常に心強いように思う。

それまではガイドブックに挟まっている地図を頼りに現地の人に聞きながら探索していたが、目的地とはまったく違うところに連れて行かれることもしょっちゅうだった。

こちらのdayanさんという方のブログが非常に参考になりました。

roshiago.blog.so-net.ne.jp

3.宿

北都観光さんやノマドさんなど、サハリン旅行に力を入れている代理店さんが抑えるホテルはある程度決まっているみたい。

agodaで検索すると他にもいろいろありそうなので物色中。

www.agoda.com

4.アクティビティ

宗谷総合振興局さんのHPは充実している。

サハリン交流: 3. 体験観光 | 宗谷総合振興局地域創生部地域政策課

振興局さんに電話で問い合わせたところ、

札幌にあるノマドさんが、サハリンのアクティビティには強いそう。

www.hokkaido-nomad.co.jp

5.食事

稚内にはペチカと言うロシア料理のお店がある。

www.welcome.wakkanai.hokkaido.jp

こちらでピロシキボルシチなどロシアの基本料理を堪能。

f:id:signal51:20170528014139j:plain

情報収集がてらに個人でサハリンに渡るつもりの旨伝えたところ、治安がよくなかったから勧められない、と諭される。

6.その他

●鉄道や樺太の歴史

稚内副港市場1Fに詳しい展示あり

お土産・温泉・お食事などが入った日本最北端の複合施設 副港市場

 

樺太アイヌの歴史

百年記念塔や稚内図書館の文献

w-shinko.co.jp

www.city.wakkanai.hokkaido.jp

 

●その他参考にさせていただいたブログ

・サハリン三面記事さん 

 -ユジノサハリンスクの娯楽(レストラン紹介等)-

2001年の情報ですが、レストラン紹介がすごく詳しく面白おかしく紹介されています。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/8437/goraku.htm

 

・4travelさん

ロシア旅の個人手配の進め方参考になりました。

いい旅をされていてサンクトペテルブルクに行ってみたくなりました。

4travel.jp

●その他目を通した書籍

A32 地球の歩き方 シベリア&シベリア鉄道とサハリン 2017~2018

A32 地球の歩き方 シベリア&シベリア鉄道とサハリン 2017~2018

見せるだけですぐに通じる会話帳 ロシア語

見せるだけですぐに通じる会話帳 ロシア語

 
ペンブックス21 ロシア・東欧デザイン (Pen BOOKS)

ペンブックス21 ロシア・東欧デザイン (Pen BOOKS)

 

 

風の音

あっという間に4月は過ぎ、世間はGW真っ最中。

私は休日勤務のある仕事ですので、帰省などはせず稚内生活をエンジョイしております。

ゴミゴミしていないですし美味しいご飯も食べられる稚内ですが、ひとつ気になることがあります。

ビュービュー、ゴーゴー。

そう、風の強い日が多いことです。

髪の毛をしっかりセットしても、ものの数分外を歩けばボサボサなります。

おそるべしです。

いつもいつも風が強いわけではないのですが、今日みたいに太平洋側から高気圧が張り出し、中国大陸からサハリン方面に向かって低気圧が東進してくると、気圧の傾きが大きくなって風が強まります。

f:id:signal51:20170504002549p:plain

【出展】気象庁アメダス:北海道地方(北西部)

気象庁アメダスを眺めてみるとわかるのですが、稚内宗谷岬利尻島は周りが海に囲まれ遮るものが少ないですので、勢いを落とすことなく海風が入ってきます。

5月3日24時現在の最大瞬間風速は、

  • 稚内22.4m/s(南西)21時31分
  • 宗谷岬26.4m/s(南西)8時25分

ビュービュー、ゴーゴー。

風の音に気が滅入りそうなGWの真夜中です。

自転車で稚内温泉「童夢」へ。

今日は先日修理した自転車を走らせてきました。

目的地は稚内駅からノシャップ岬を経由して約7.5kmの距離にある稚内温泉童夢」。この場所に向かう道は、日本海側に面しているので天気が良いと利尻富士を眺めることができます。

今日の山の景色はこんな感じ。

山肌は雪で白く青い空によく映えます。

f:id:signal51:20170416212822j:plain

この日は、疲れた体を温泉で癒し併設しているレストラン「夕凪」でたこの唐揚げと広東麺を頂いてきました。

休日らしくのんびり過ごせたかなと思います。

稚内で自転車を修理した話

先日、4月で異動になった職場の同僚から譲り受けた自転車を修理に出してきました。

通勤はバス、たまの休日にレンタカーを借りて遠出する生活を1年間続けてきましたが、ちょっとしたスーパーへの買い物や図書館へ行きたい時などは本数の少ないバスでは不便だなと感じていました。

後輪がパンクしているマウンテンバイクでしたが、東京のようにどこもかしこも滑らかに整備された道路ばかりではありませんので、安いママチャリを自分で購入して乗るよりは安全かなと思い譲り受けることにしたのでした。

(北海道は道路の距離も他府県と比べればかなりあるだろうし、冬の低温やチェーンタイヤによる劣化、予算も除雪にまわせば頻繁に道路を整備するのは難しいんだろうなと、勝手に想像しています。)

Googleマップ稚内市内の自転車屋さんを検索すると、2件がヒット。

そのうち駅前に近い店舗の評判が良さそうでしたので町の風景をのんびり眺めながら40分ほど自転車を押して目的のお店まで運んで行きました。

f:id:signal51:20170412222415j:plain

店内は都市部によくあるチェーン店のような小綺麗さはありませんが、販売されている自転車はどれもよく整備されていましたし、作業場にある工具類も大事に使い込んでいる感じが伝わってきて、いいお店だなと思いました。

「パンクしたまま走ったやろ、チューブ取り替えるよ。」と言いながら楽しそうにタイヤを外して作業を進めていくおじさん。

「そこ座って待っとき。」とぶっきらぼうな言葉遣いやけど、優しさは伝わってくるおばさん。

稚内は漁師言葉で本州から来た人にはきつく聞こえますが、根は優しい人が多い気がします。)

チェーンに塗るグリスの匂い。

年季の入った店内。

活き活きと作業を進める様子。

「あぁこういう感じええな。」と思いながら見とれていると20分ぐらいで作業は終わりました。

東京に住んでいた頃も自転車は使用していなかったので、久しぶりの運転。

しっかりと空気の入ったタイヤはペダルを踏み出すとゆっくりと走り出しました。

乗り心地は上々です。

天気の良い休日ができたら、自転車にまたがって少し散策してみようかなと思います。