読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も気ままに

散歩、天気、カフェ、アート、好きなものを気ままに綴っていこうと思います。

稚内で自転車を修理した話

先日、4月で異動になった職場の同僚から譲り受けた自転車を修理に出してきました。

通勤はバス、たまの休日にレンタカーを借りて遠出する生活を1年間続けてきましたが、ちょっとしたスーパーへの買い物や図書館へ行きたい時などは本数の少ないバスでは不便だなと感じていました。

後輪がパンクしているマウンテンバイクでしたが、東京のようにどこもかしこも滑らかに整備された道路ばかりではありませんので、安いママチャリを自分で購入して乗るよりは安全かなと思い譲り受けることにしたのでした。

(北海道は道路の距離も他府県と比べればかなりあるだろうし、冬の低温やチェーンタイヤによる劣化、予算も除雪にまわせば頻繁に道路を整備するのは難しいんだろうなと、勝手に想像しています。)

Googleマップ稚内市内の自転車屋さんを検索すると、2件がヒット。

そのうち駅前に近い店舗の評判が良さそうでしたので町の風景をのんびり眺めながら40分ほど自転車を押して目的のお店まで運んで行きました。

f:id:signal51:20170412222415j:plain

店内は都市部によくあるチェーン店のような小綺麗さはありませんが、販売されている自転車はどれもよく整備されていましたし、作業場にある工具類も大事に使い込んでいる感じが伝わってきて、いいお店だなと思いました。

「パンクしたまま走ったやろ、チューブ取り替えるよ。」と言いながら楽しそうにタイヤを外して作業を進めていくおじさん。

「そこ座って待っとき。」とぶっきらぼうな言葉遣いやけど、優しさは伝わってくるおばさん。

稚内は漁師言葉で本州から来た人にはきつく聞こえますが、根は優しい人が多い気がします。)

チェーンに塗るグリスの匂い。

年季の入った店内。

活き活きと作業を進める様子。

「あぁこういう感じええな。」と思いながら見とれていると20分ぐらいで作業は終わりました。

東京に住んでいた頃も自転車は使用していなかったので、久しぶりの運転。

しっかりと空気の入ったタイヤはペダルを踏み出すとゆっくりと走り出しました。

乗り心地は上々です。

天気の良い休日ができたら、自転車にまたがって少し散策してみようかなと思います。