読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も気ままに

散歩、天気、カフェ、アート、好きなものを気ままに綴っていこうと思います。

【映像】鳩に困ったら雨宮(AC部さん)

強烈なインパク

皆さんはもうご覧になったでしょうか。4月頃ネットで話題になっていた株式会社雨宮さんの動画。あまりのインパクトに度肝を抜かれました。そして映像を制作したAC部さんとGOサインを出した株式会社雨宮さんが気になって眠れない。そこで自分の分かる範囲で調べてみることにしました。

www.youtube.com

株式会社雨宮さん

1968年(昭和43年)2月にしろあり防除処理業者として事業をスタート。代表取締役社長は雨宮秀寿さん。2013年に出版された著書より抜粋させて頂いた経歴を見ると、会社と同じ1968年生まれの46 or 47歳だそうです。(2015年5月現在)

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
雨宮/秀寿
株式会社雨宮代表取締役社長。1968年愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学人間科学部卒業後、伊藤忠商事株式会社入社(テキスタイル部レディステキスタイ ル課所属)。その後、御園サービス株式会社にて分譲マンションの管理業務に従事。1997年、株式会社雨宮に入社。2007年代表取締役社長就任。
100年住める床下リフォーム術 (経営者新書)

100年住める床下リフォーム術 (経営者新書)

 

 

またHPには以前制作されたシロアリ駆除のCMが掲載されていますが、この時もインパクト重視の映像を制作されているようです。面白いものが好きな文化が雨宮さんにはあるのかもしれません。

youtu.be

 おそらくスマホで見ることを大いに意識して制作されたであろうハト害専用のWebページ。こんな大胆なサイトデザインを私は初めて見ました。このサイトの最下段より株式会社雨宮さんのHPサイトへと飛びます。

hato-amemiya.com

 こちらが上記ハト害専用ページから訪れることになる雨宮さんのHP。2015年4月16日にHPをリニューアルしたとのこと。爽やかなサービス会社といった印象で、「ハトに困ったら雨宮~」の強烈なインパクトは一切見当たりません。

www.amemiya.co.jp

 

AC部さん

HPを見た瞬間、「おっ、なるほど…。」と納得してしまいました。一度見たら忘れられないインパクトがあります。

http://www.ac-bu.info/free/anime/jaybay.gif

AC部さんHPのフリー素材より(http://www.ac-bu.info/free/free_flame.html
動物シリーズ第1弾 「ジェイ・ベイ」性格…おとなしい

安達亨さん、板倉俊介さん、安藤真さんにより1999年頃に結成。「暑苦しいリアルなイラストレーションをベースに様々な場所にインパクトのあるビジュアルを植え付ける」とのことで、まさに今回の株式会社雨宮さんの映像にもそれが如実に現れています。

 

  多摩美術大学出身のAC部メンバーについては、ビーマガさんのインタビュー記事がとてもよいので、気になる方はこちらを参照してみてください。

viimaga.com

 NHKみんなのうたのアニメーションや、最近だとスケッチブックを2人で巧みに操り躍動感あふれる作品に仕上げた「高速紙芝居」が第18回文化庁メディア芸術祭で審査委員会推薦作品に選出されるなど、様々なところで活躍されているとのこと。

www.youtube.com


拠点は渋谷に構えられているようです。

co-lab.jp

部室大公開は大盛況

私はこの記事を書き始めたころ、ちょうどAC部さんの「高速紙芝居」が見られるとの情報を得て神田まで足を運んだのですが、チケットは既にソールドアウト。小さな展示スペースいっぱいに人が集まりAC部さんの人気を確認する結果となりました。

f:id:signal51:20150507021329j:plain

tetoka.jp

まとめ

シロアリ駆除メインの株式会社雨宮さんが、ハト害に焦点を当てAC部さんと映像を制作することになった経緯が知りたかったのですが、結局分からずじまいでした。

もしかしたら、動画での話題作りをきっかけに、雨宮さんがこれから何かメディアで発信してくれるのかもしれません。それまでAC部さんが出版された本で、映像制作のノウハウを勉強しながら気長に待ちたいと思います。

AFTER EFFECTS ANIMATION ABC

AFTER EFFECTS ANIMATION ABC

 

 

余談

動画に出てくるエリートサラリーマンと社長の雨宮さんが似ている?のは気のせいでしょうか。いや、私の勘違いですよね…きっと。

 最後まで読んで頂いてありがとうございます。それではまた。